うつ病の種類

depression

 

元来は,統合失調症とともに内因性精神障害の代表的なものである
躁うつ病 manic-depressive illnessのうち,
うつ症状が強く出てくる病相をさした。

 

 

うつ症状というのは心が沈んで,ことば少なくなり,意気消沈した状態をいうが,
その正反対の症状である躁状態 (心がはずみ,多弁,
多動で落ち着きのない状態) も本質的には同一であるという認識から,「躁うつ病」と呼ばれていた。

 

 

その後,躁うつ病は単一の病気ではなく,
双極性うつ病 (うつと躁の両方の病相がみられるもの) と
単極性うつ病 (うつの病相だけが反復し躁を示さないもの) に分けるようになった。

 

 

前者は若年に発病することが多いが,後者は中高年に多発し, 媚薬の購入
発病前に環境的な誘因のみられることが多く,俗に昇進うつ病とか引っ越しうつ病などともいわれる。

 

抑うつ気分のほかに,不安,行動や思考の制止,不眠,食欲不振などの身体的症状も強く,
就労や勉学が不可能になることが多い。

 

適切な治療を行なわないと,発作的に自殺をすることもある。
世界保健機関 WHOの推定によると,
人口の3~5%がうつ病に罹患しているとみられ,
日本でも急増している。

 

なお,うつ病という用語は一般的に使われる場合には,
抑うつ気分と病的悲哀を特徴とする 精力剤人気ランキング
感情障害の状態 (うつ状態 depressive state) を漠然と意味することも多い。

仮面うつ病

masked depression

 

うつ病でありながら,身体的症状しか現れないもの。
いわば身体的症状という仮面に隠されたうつ病である。

 

身体的症状はさまざまな不定愁訴として現れるが,
実際に検査すると内臓の変化は見られず,
自律神経失調症と診断されることも少なくない。

 

しかし本質的にはうつ病であるため,自律神経失調症とは治療法が全く異なる。

初老期うつ病

presenile depression; involutional melancholia

 

退行期うつ病ともいう。 シアリスの選び方
かつて躁うつの病相のなかった人に初老期あるいは更年期に入ってから初発するうつ病。

 

多くの場合,不安焦燥感や喪失体験などの心因が認められる。
融通がきかない,状況に順応しにくい,完全癖がある,内向的,敏感といった傾向の人に多い。

躁うつ病

manic-depressive psychosis

 

感情障害を主症状とし,周期的経過をとり,のちに人格障害を残さないことを特徴とする精神病で,
統合失調症とともに二大内因性精神病といわれる。

 

循環精神病ともいう。
感情が高揚し,意欲は亢進し,思考が飛躍する躁病と,
反対にふさぎこむうつ病 (→うつ状態 ) という2方向の病的感情が,
日常生活からは明らかに区別される病期として交互に現れ,
経過後には完全にもとの人格に戻る。 ED治療薬レビトラ通販

 

発現頻度は全人口の 0.4%程度で,うつ病相だけが表れる型がかなり多い。

うつ病の治療薬プロザックジェネリック通販

うつ薬個人輸入